【ご報告】「すべての民の御母 日本祈りの日 2016」のご報告(2)シスターによる講話~1

シスターによる講話~1
LINEで送る
Pocket

2016年11月12日に行われた「すべての民の御母 日本祈りの日 2016」、そこでのシスターによる講話を3回に分けてご紹介致します。
まずは、修道会のご紹介です。


その1 その2 その3


修道会の紹介

修道院聖堂
ローマ近郊にある国際宣教会「マリアの家族」修道院の聖堂

国際宣教会「マリアの家族」は、1970年に司祭と一般男性の2人のオーストリア人によって創立。1995年に教皇様から認可され、今に至っています。
会の目的は、司祭の養成、世界の司祭のために祈る。司祭の刷新を通して、教会を刷新し、世界の救済ために働くことです。
現在シスターが180名ほど、司祭が、今回来日した新司祭5名を含め56名います。すべての会員のため、すべての司祭のためにお祈り下さい。
男性会員の中心(マザーハウス・母院)はローマに、女性会員の中心はスロヴァキアにあります。支部はイタリア、ドイツ、スイス、フランス、オーストリア、スロヴァキア、ロシア、カザフスタン、南米のウルグアイ。今度韓国でも、支部ではありませんが、親しい修道会を助けるために働くことになりました。


その1 その2 その3


LINEで送る
Pocket