「1人の信者の証言」ファティマ-アムステルダム-秋田

LINEで送る
Pocket

1998年5月30日 第2回国際祈りの日(アムステルダム)における、フィリピン大使 ハワード・ディ(Howard Dee)氏の証しをご紹介致します。

*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

ハワード・ディ氏それでは、1981年から始めることにしましょう。
私はファティマについての本を執筆中でした。その年の5月13日、ファティマで最初のご出現があったちょうどその日に、教皇様が狙撃されるという事件が起こりました。この事件が偶然の出来事ではないこと、ファティマのメッセージが今後教皇ヨハネ・パウロ2世の人生に大いに関わり始め、中心的役割を果たすであろうことを、私は心のうちに理解しました。
あの時、私はどれほど教皇様にお目にかかりたいと強く望んだことでしょう。

5年後の1986年、フィリピンでは聖母マリアの大いなる勝利によって終結した劇的な出来事の最中に、マリア・コラゾン・アキノ氏がフィリピン共和国の大統領として告示されました。
5月13日、アキノ氏は、私をバチカン聖座のフィリピン大使に任命なさいました。私は聖母からある使命を受けたことをはっきりと自覚しました。ただ、それがいったいどんな使命なのかを正確に把握することはできなかったのです。

聖母の誕生日(9月8日)の前日、私は私の受けた辞令を教皇様にお届け致しました。
こうして教皇様にお会いしたいという私の望みを、聖母は聖母にしかおできにならない 素晴らしい方法で叶えて下さったのです。

私はフィリピンでの出来事を教皇様に説明しました。それは、司教方の呼びかけによって「フィリピンにおけるマリア年」を定めた最中に、聖母の執り成しによって我が国の民主主義が再び回復されたということでした。
教皇様は大変注意深く耳を傾けられ、そして肯かれると「マリア年……」と繰り返されました。
ご自分のほうからは、ファティマの聖母が1981年にどのようにして教皇様の命を救われたかについて物語られました。

1988年、新年の教皇執式ミサにおいて、教皇様が全世界の教会に対してマリア年を呼びかけられた時の私の驚きを、皆さんは想像することができるでしょうか?
教皇様は、フィリピンにおけるマリア年中に起こった出来事にインスピレーションを得てマリア年を定められたと、オッサヴァトーレ・ロマーノは伝えています。
こうして聖母は、隠されていた私の使命を遂行なさいました。

教皇様の使徒的書簡である『紀元2000年の到来』(Tertio Millennio Adveniente)において、教皇様は東ヨーロッパのマリア年に起きた素晴らしい出来事を聖母に帰しておいでです。教皇様は、この出来事が「これらの出来事の広大さと、とくに事件経過の速さは、いまでに驚くばかりです」(n.27)と仰いました。
しかし、これは単に大聖年の「紀元2000年にいっそう完全に表現されるであろう」(n.26)偉大な勝利の序幕にすぎないとも言われておいでです。
教皇様は、私たちが「すべての民への福音宣教の幕開けとなった聖霊の降臨を待ち望みながら、イエズスの御母、マリアと共に祈りに深く潜心した」最初の聖霊降臨の使徒たちの模範に倣うようにと薦められます。

「すべての民の御母」が約束された第二の聖霊降臨を、教皇様は待ち望まれているのでしょうか?

私は日本の秋田を通して「すべての民の婦人(御母)」を知りました。秋田では木彫りの「すべての民の御母」が人間の涙を流しました。また、人間の汗、人間の血液も流したのです。聖母は幾つかのメッセージをお与えになりました。三番目のメッセージは1973年10月13日、ファティマで太陽の奇跡が起こった記念すべき日に与えられました。「すべての民の御母」がすでにアムステルダムにおいてなさったように、聖母は秋田においても人類の火による懲罰について警告なさいました。また、教会内部の分裂についても預言なさいました。

ファティマ、アムステルダム、そして秋田の3つのメッセージは互いに深く結びついており、三千年期に入ろうとする人類に対する運命を導かなければならないものです。ファティマでのご出現は1917年に起こりました。28年後の1945年に「すべての民の御母」はアムステルダムにおいでになりました。そしてまた28年後の1973年にご田で御出現なさいました。さらに28年を加えると、三千年期の始まりの年、2001年になります。

今はすでに天国においでの秋田のヨハネ伊藤前司教は、生前、書簡によって、教皇様に秋田での出来事を報告し、伊藤司教が司祭職上取るべき措置をヨゼフ・ラッツィンガー枢機卿の判断に委ねた旨、私に知らせて下さいました。
伊藤司教ご自身にとって、秋田がファティマの続きであることは明白でした。また、ラッツィンガー枢機卿は、この2つのメッセージは本質的に同じものであると、私に個人的に確証なさいました。伊藤司教は、秋田の出来事はアムステルダムのメッセージが真実であることを証明するものだと考えておいででした。そして彼は「共贖者、仲介者、執りなし手」という称号を確固として擁護なさいました。仮に、アムステルダムのメッセージが本物でないならば、天は秋田で奇跡を起こさなかったでしょう。なぜなら、秋田の聖母のご像は「すべての民の御母」を模したものだからです。
アムステルダムのメッセージが真実ならば、「すべての民の御母」が「共贖者、仲介者、執りなし手」のドグマを告知するようにとの要求もまた真実であります。なぜ、この真実の告知を抑圧するのでしょうか?

私は、平和推進の仕事において、「すべての民の御母」から個人的にたくさんの恩寵を頂いています。聖母の執り成しによって、我が政府はオランダ在住のフィリピン共産党の指導者らと、4つの協定のうちの、1つ目を結びました。
「すべての民の御母」のドグマが告知されたならば、決定的な平和が訪れるであろうことを、私は露ほども疑いません。
2度目の聖霊降臨を通して、私たちの内で燃える聖霊の火と共に、私たちは世に蔓延する暗闇を追い払い、世界の面(おもて)を新しくすることができるのです。

聖霊、来て下さい! 聖母の勝利の内に来て下さい。アーメン

LINEで送る
Pocket